981 タガワスイホウ

田河水泡 (漫画家)

経歴/プロフィール

田河水泡(タガワスイホウ)は1931年にデビューした漫画家。男性。
抽象画家として出発し反二科運動に参加、版画家、落語作家を経て、漫画家に転じ『少年倶楽部』を舞台に活躍した。代表作「のらくろ」は、1931年『少年倶楽部』に「のらくろ二等卒」を発表して以来、子どもたちの圧倒的な人気を集め、1941年、軍の圧力によって筆を折るまで続いた。戦後も33年から雑誌『丸』で連載を復活、「続のらくろ漫画全集」を出した。その後は銅版画制作や滑稽画の研究を続け、「滑稽の構造」「滑稽の研究」を著す。門下に滝田ゆう、長谷川町子などを輩出。1988年、銅版画の個展を開く。他の作品に「蛸の八ちゃん」「目玉のチビちゃん」「スタコラサッちゃん」「ダルマノコロ吉」などがある。1989年「のらくろ」の著作権を山根兄弟と永田竹丸に譲る。1991年『のらくろ-代記-田河水泡自叙伝』が出版された。

代表作 のらくろ〔1931年〕

項目 データ
人物名 田河水泡(タガワスイホウ)
人物名 英語 Tagawa, Suihou
人物名 本名 高見澤仲太郎()
職業 漫画家
肩書き
国籍
生年月日 1899年2月10日
没年月日 1989年12月12日 (享年90歳)
性別 男性
血液型 不明
出生地 東京市本所区林町(現・墨田区立川)
出身地
在住地
最終学歴 日本美術学校図案科卒〔1925年〕
デビュー 1931年
受賞歴
  • 日本漫画家協会賞 (第29回, 選考委員特別賞)〔2000年〕
  • 紫綬褒章〔1969年〕
  • 児童文化功労者賞(第11回)〔1969年〕
  • 勲四等旭日小綬章〔1987年〕
所属団体名 一線美術協会;日本漫画家協会(名誉会員)
趣味
公式サイト
Twitter
Facebook
ブログ
Pixiv
出典 人情'84;現人;近文2;漫画;コン;大百;人情'82;人情'83;旺人;読売'89;文芸89;朝日'89.8.30朝;漫画家名鑑;朝日'89.12.12夕
初投稿者 まんがseek編集部(2002-11-16 15:31:03)
最終更新者 もりざる(2015-12-10 20:08:26)
この人物データを補足できる方は、ぜひ修正をお願いします。 田河水泡のデータを編集
漫画家ご本人さまへのお願い
もしよろしければ公開可能な情報を教えていただけるとうれしいです。まちがった情報が掲載されている場合、あるいは公開を希望しない情報が掲載されている場合はすぐ訂正いたしますのでご連絡ください。

このデータの協力者

このデータの編集に協力してくださった方の一覧です。

更新者
もりざる(2015-12-10 20:08:26)公開中
まーすけ(2015-08-21 11:14:25)
こうの(2015-07-20 10:23:46)
こうの(2015-07-20 10:23:46)
まんがseek編集部(2002-11-16 15:31:03)

全作品リスト

田河水泡がかかわった作品の一覧です。現在、1点が登録されています。

表の隠れている部分は横にスライドすれば表示できます
作品ID タイトル クレジット 初出年 初出掲載誌 評価
29119 のらくろ 連載終了 代表作 ;;;;;のらくろ;ノラクロ ノラクロ のらくろ 1931年 少年倶楽部 5
未登録の作品があることをご存知の場合は、こちらから登録をお願いします。 田河水泡の作品を登録

関係する人物

田河水泡の関係者一覧です。

相手の名前 関係性 備考
山根赤鬼 弟子・アシスタント 師弟・アシスタント ペンネームの名付け親
山根あおおに 弟子・アシスタント 師弟・アシスタント ペンネームの名付け親
長谷川町子 弟子・アシスタント 師弟・アシスタント
滝田ゆう 弟子・アシスタント 師弟・アシスタント
杉浦茂 師匠 師弟・アシスタント
石田英助 友人

商品情報

田河水泡の関連商品一覧です。コミックス等は各作品のページで確認することができます。

未登録

関連リンク

未登録

関連コンテンツ

ニュースやコラムなど、田河水泡の関連コンテンツ一覧です。

目次

  • 人物データ一覧
  • 出生地別
  • 東京市本所区林町(現・墨田区立川)生まれ
  • 田河水泡
あなたもまんがseekのデータベース編集に協力していただけませんか。
人物および作品の各ページには「データを編集」というボタンがありますので、クリックすると編集用の画面が表示されます。もし本格的にデータの編集にご協力いただける場合はメンテナンス用のアカウントを発行いたしますので、ぜひご連絡ください。
メンバー募集中
トップへ
戻る